特定社会保険労務士・埼玉(さいたま)-小林経営労務管理事務所

社会保険労務士とは

社会保険労務士とは

画像の説明

社会保険労務士とは国家資格で、簡単に説明しますと、労働社会保険の手続き、労務管理、人事、年金などを総合的に取り扱う専門家ですが、下記のような業務をします。
さらに、労働基準監督署、社会保険事務所等の行う調査の立会い、折衝や助成金の申請を行うことを国より認められております。
当たり前の話ですが、企業の内面に入って仕事をしますので、法律でお客様の秘密を守る義務(守秘義務)が課されています。どんなことがあっても(法律で認められていること以外は)知り得た秘密は厳守致します。


契約パターン

1.手続き顧問(手続き代行業務と相談業務する顧問契約)

社会保険、労働保険の必要な手続きにおいて書類作成から提出代行まですべてお引き受けします。その他、労働社会保険諸法令に関する相談・指導もおこないます。

2.一般顧問(戦略的な御社の総務部としての顧問契約)

採用・退職等の手続き及び従業員説明、労働条件決定・通知、苦情受付、給与計算等のアウトソーシング、助成金提案、法改正への対応等総務のお仕事をお受けいたします。総務部が社外にあると考えていただければわかりやすいかと思います。また経理の一部も別途料金で受けられます。

3.相談顧問

電話、メールなどによる雇用・人事・労務における相談、情報提供、改善提案を行ないます。

上記のほかに御社に必要な部分のみの契約を考えてご提案させていただきます。






powered by Quick Homepage Maker 4.91
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional