特定社会保険労務士・埼玉(さいたま)-小林経営労務管理事務所

助成金の問い合わせ

助成金の問い合わせ

一例を挙げますと

【定年延長、再雇用制度を導入する場合】

  • 継続雇用定着促進助成金
    定年延長・継続雇用・再雇用・勤務延長・在籍出向制度の導入内容と企業規模に応じて、年に1回35万円から300万円の範囲内で最長5年間助成される。

【従業員を雇い入れる場合】

  • 特定求職者雇用開発助成金
    労働者1人の賃金(労働保険料申告書により算定)の4分の1(中小企業事業主の場合3分の1)を1年間助成される。重度障害者等を雇入れる場合には、賃金の3分の1(中小企業時事業主の場合2分の1)を1年6ヶ月間助成される。
  • 新規・成長分野雇用創出特別奨励金
    採用1人につき70万円助成される。
  • 緊急雇用創出特別奨励金
    採用1人につき30万円助成される。
  • 試行雇用(トライアル雇用)奨励金
    労働者1人につき月額5万円が最大3ヶ月間助成される。
  • 中小企業基盤人材確保助成金(創業、異業種進出による場合)
    基盤人材を雇い入れた場合は、第1期及び第2期に各70万円、一般労働者を雇い入れた場合は、第1期及び第2期に各15万円助成される。
  • 介護雇用管理支援助成金(介護基盤人材確保助成金)(介護事業の創業、進出による場合)対象労働者が特定労働者の場合、雇い入れの日から起算して1年間に140万円を限度とし、一般労働者の場合は雇い入れの日から起算して1年間に30万円(短時間労働被保険者は9万円)を限度に助成される。
画像の説明

他にもいろいろあります。助成金は時期により、なくなります。
気になるものがありましたら、早めにお問い合わせください。
画像の説明




powered by Quick Homepage Maker 4.91
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional