特定社会保険労務士・埼玉(さいたま)-小林経営労務管理事務所

人事労務相談

人事労務相談

画像の説明

会社を経営していますと従業員が必要になります。そのときまず採用(求人)活動が必要になり、採用した後には試用期間問題をはじめ、労働時間、休日勤務、有給休暇、残業時間、割増賃金、退職金問題、パート・アルバイトの活用、処分解雇など、日々の「人材」に関する問題が生じます。
上記のような問題に対処するためのよき相談相手が当事務所の役割であると考えています。


そのほか特に就業規則作成・変更に関しては、労働基準法で「常時10人以上の労働者を使用する場合、就業規則を作成し労働基準監督署に届出なければならない。」と規定されていますので、作成しておく必要があります。さらに、経営者の意向を反映させ、安心して働ける環境をつくるには、小人数の事業所においても就業規則を作成する意味はかなり大きいと思います。当事務所では安心して働ける職場環境整備と経営者の意向を落とし込んだ就業規則、賃金規程、退職金規定等を作成します。従業員を雇っているリスクを最小限にするためにぜひご相談ください。

画像の説明

具体的には
・ パートアルバイトを採用する際の注意
・ 労使リスクを考えた就業規則の変更
・ 御社だけの社内規程作成
・ 人事評価制度の導入相談
・ 退職、解雇にかかわる相談
・ 適切な労働時間の設計
・ サービス残業の考え方
・ 賃金再設計とコスト削減の給料計算事務
・ 社会保険料などの経費削減方法など
上記のほかに何でも問い合わせください。画像の説明






powered by Quick Homepage Maker 4.91
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional